勉強

やりがいのある仕事

勉強

将来患者のリハビリをサポートするやりがいのある仕事に就きたいと考えている人に理学療法士が適切です。理学療法士になるには学校に通い国家資格を取る必要があります。学校選びが将来を大きく左右するためしっかりと選びましょう。

詳細を確認する...

持っていると有利になる

学生

整体師になるためには国家資格は必要ありません。しかし、民間資格を持っているのとそうでないのとでは就職に大きな差がついてしまうため、学校に通い資格を習得しましょう。

詳細を確認する...

学校探しと資格取得が重要

女性

整体師や理学療法士になりたいと考えている人は、それらを目指せる学校に通う必要があります。理学療法士になる場合、3年~4年制の大学か専門学校に通い卒業後、国家資格を取得する必要があります。しかし、整体師は国家資格が必要ないため、だれでも整体師を目指すことができます。とはいっても整体師になるためにはそれなりの知識や技術が必要なので、学校に通い高い技術力と豊富な知識を身につける必要があります。また、整体師は国家資格が必要ないといっても民間資格を取得しているのとそうでないのとでは就職に大きな差が付いてしまいます。スムーズに就職したいと考えている人は、学校を卒業した修了認定証やスポーツ整体師、リラクゼーション・セラピストなどの資格を取得しましょう。

理学療法士を目指せる学校は数多くありますが、大学か専門学校か選択する必要があります。理学療法士になるには国家試験に合格する必要があるので、自分に適した学校を選ぶことが大切です。どの学校に通うか悩んでいる人はまずはオープンスクールやオープンキャンパスに行き実際にどの学校内や授業風景を見学しましょう。設備が整っている学校なら在学中から高い技術力を身につけることができるので、卒業後率先力となって現場で活躍することができます。さらに、昇給も望めるので理学療法士として安定した生活が得られます。ちなみに、理学療法士を目指せる専門学校の中には社会人や大学卒業生など20代や30代が多く在籍しています。転職先として理学療法士を目指している人は専門学校に通うと同世代が多く通いやすいといえます。

体験を受けることが大切

勉強

理学療法士になるために学校に通いたいと考えている人は、まずは実際に自分の目で確かめることが大切です。オープンスクールやオープンキャンパスに参加して学校内の設備などを見ておきましょう。

詳細を確認する...