整体師

持っていると有利になる

学生

資格を取って整体師になりたいと考えている人は、整体師を目指せる学校に通う必要があります。しかし、一般的に整体師になるために必要な資格というのは存在しません。そのため、整体に関する知識や技術を持っていればだれでも整体師を名乗ることができるのです。しかし、資格を何も持っていないと就職が困難になってしまいます。整体師は国家資格ではないため、多くの人が整体師として働けます。就職活動が難しいといえるので、整体師を目指す人は学校を卒業する、資格を取るなど技術や知識を持っていることを証明しましょう。そうすると、就職活動で有利になり安定した収入が望める整体院で働くことができます。ちなみに、国家資格ではない整体師は、民間資格を取ることが大切です。学校の修了認定証も民間資格にあたるため、学校を卒業しているのとそうでないとでは大きな差が付いてしまいます。

整体師を目指している人が取得すると適切なのが整体学校を卒業したことを証明する修了認定証です。これは学校を卒業すると同時に貰えます。また、リラクゼーション・セラピストの資格を習得することも大切です。リラクゼーションとは筋肉の張りや体の疲労を揉みほぐすことで、マッサージ技術が高いことを証明しています。整体院ではこのようなマッサージなども行なうため、このような資格を持っているとより高い収入が望めます。その他にも、整体セラビストやスポーツ整体師などの資格を持っていると就職の幅が広がります。整体セラビストはメンタル面から体の疲労や痛みを改善していくので、整体院以外にもクリニックなどで活躍することが可能です。スポーツ整体師なら肉体トレーニングの指導が行えるので、ジムなどで活躍することができます。このように持っていると有利になる資格を学校で取得し、夢の整体師ライフを送りましょう。